気になる肝臓の数値|健康になるための身体づくり

空

サプリメントで治療と予防

スーツ

肝臓の数値が高いときには肝臓の処理能力をオーバーしてしまっている状況があります。サプリメントで肝臓の働きを助けると改善するでしょう。食事療法や運動療法に比べて手軽に取り組めるのがその人気の理由であり、予防効果も期待できる魅力があります。

詳細を確認する

血液検査での高い値と筋肉

老夫婦

GOT、GPT、γ-GTといった肝臓の数値が高いからといって慌てる必要はありません。筋肉トレーニングをする人の場合にはその影響で数値が高くなることがあるからです。前日からトレーニングを控えることが大切ですが、γ-GTはあまり筋肉の影響がでないのでこれが低い事を確認すると無駄になりません。

詳細を確認する

肝機能の異常と原因特定

運動

肝臓の機能を示す数値が高いときにはまずは原因の特定が大切です。その原因によって肝臓をいたわるべきか栄養を与えるべきかが異なるからです。しかし、何もしなくてよいわけではなく、不要に代謝するべきものを与えず、代謝をサポートするビタミンBなどをとることが大切です。

詳細を確認する

沈黙の臓器との付き合い方

スーツの男性

血液検査の結果が示すもの

健康診断の時に検査される肝臓の値は主に、ALT、AST、γ-GTPの3つの数値です。初めの二つALTとASTは肝臓に存在する酵素の量を表す数値です。血中濃度が30IU/L以下であると正常です。これは肝細胞に存在する酵素が、血液に漏れ出していないかを判断するためのものです。この値が高くなると、肝細胞がダメージを受け細胞が破壊されるため、ALT、ASTの酵素が漏れ出します。ASTについては肝臓以外の臓器にも含まれているため、こちらだけが高い場合は肝臓の影響は少ないと考えられます、両方の値が高い場合、肝細胞にダメージがあることを示唆しています。γ-GTPも肝臓でつくられる酵素の量を表す数値です。γ-GTPの血中濃度が50IU/L以下であると正常です。この酵素はタンパク質の分解・合成をつかさどり、お酒の飲み過ぎや肥満、投薬などにより増加して、血液中に染み出します。

自覚症状がないため注意

肝臓は問題があっても初期のころは自覚症状が無いために、健康かそうでないかが判断しにくい臓器です。ですから、血液検査をされるときは肝臓の値も調べてもらい、どのような状況にあるかを細かくチェックする必要があります。お医者さんもこれらの数値が高いと、食事を見直したり、休肝日を設けるようにおっしゃいます。肝臓の数値が高く出たからといってあわてるのではなく、普段から肝臓のことを気に留めて生活することが大事です。肝臓を休めるためには食事に気を付けることが大事です。脂肪分や糖分の過剰摂取を抑えて、アルコールも控えめにしましょう。運動も必要ですが、強度の運動はかえって逆効果ですので、軽い運動を長く続けるように心がけます。

食事の改善

毎日の生活の中で必ず行なうものが食事でしょう。食事は肝臓の数値に大きく関わっているものであり、健康に関して様々な影響を及ぼす大切な行ないなのです。カロリーの取り過ぎや、炭水化物の取り過ぎは肝臓に大きな負担を掛けてしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。また、普段からお酒を飲む機会い人も注意が必要です。アルコールは肝臓で分解されるのですが、その際に肝臓に負担を掛ける毒素も同時に発生しているのです。